クリスマスソングチャリティーイベントレポート

クリスマスソングチャリティーイベントレポート

クリスマスソングチャリティーイベントレポート

元JKT48の歌姫Sendy(センディ)についてはこちら

2015年12月23日にJKT48劇場で開催された「クリスマスソングチャリティーイベント」に参加してきましたので、そのレポートです。
※残念ながらSendy(センディ)はムスリムなので不参加です

先日のJKT48 4周年記念イベント中にサプライズで発表された「クリスマスソングチャリティーイベント」。
ロナとシスカの二人が仕切るということでどんなイベントになるのか全く予想できませんでした。
ラマダン中にチャリティーイベントを行うことはありましたが、クリスマスの名前がついたイベントは今回が初めて。
結果的にはほんわかする楽しいイベントでした。

出演メンバー(合計20名)は以下のとおりです。

チームJ:シャニア、ラヘル、ソニア、ゲビー、フェランダ、ファンカ、ソフィア、ジェジェ(8名)
チームKIII:デラ、ハンナ、ロナ、アチャ(4名)
チームT:シスカ、デシー、ミシェル、ステフィ、グレース(5名)
4期研究生:メラティ、クリスティ、リサ(3名)

ソプラノ、メゾソプラノ、アルトのパートに分かれて本格的なコーラス編成でした!

all

今回のメンバーは全員クリスチャン(キリスト教徒)。
インドネシアの88%がムスリム(イスラム教)と言われている中で、JKT48に限って言えば、20/71=28%がクリスチャン。
ユッピとグラシアもクリスチャンなので、彼女たちも入れると22/71=30%がクリスチャンです。非常に特殊な構成をしていることがわかります。

acha-tacil-rachel

気になる観客の入りですが、座席はほぼ埋まっていましたが、立ち見が出るほどではなかったです。
クリスチャン限定ならもっとガラガラだったと思いますので、ムスリムもいたのでしょう。
クリスマスソングにはイエスキリストを讃える歌もたくさん入っていますが、ムスリムのファンがどんな気持ちで聞いていたのかは気になるところです。
おそらく、宗教とJKT48のファンという立場は上手く線引きして分けて考えているのでしょうね。
でないとクリスチャンのフェランダが選挙で一位になりえないですからね。

ve-jeje

ちなみにジャカルタ市内のモールにはどこも大きなクリスマスツリーが飾られ、クリスマスソングが流れ、店員さんがサンタの帽子をかぶって接客しています。
クリスマスセールでどこのモールもお客さんでいっぱいです。
そういう意味では、世界最大のムスリム(イスラム教徒)を抱えるインドネシアは、クリスマスを商業的なイベントとして許容しているのかもしれませんね。

sonia-desy

前置きはおいておいて、セットリストはこちら
※JKT48劇場内での録音撮影は禁じられているので、Youtubeにある同名の曲のリンクをいれています。

M01. Jingle Bell Rock:ロナ
M02. Let it Snow!:ロナ
M03. Joy To The World:全員で
M04. Para Malaikat Bernyanyi (Angels We Have Heard On High):全員で
M05. So this is Christmas:全員で
M06. Wonderful Christmas Time:シスカ、ミシェル、ステフィ、グレース
<MC> シスカ、ミシェル、ステフィ、グレース
M07. Mary’s Boy Child:デラ、ソニア、ソフィア、シスカ
<MC> デラ、ソニア、ソフィア、シスカ
M08. White Christmas:シスカ
M09. O Holy Night:ロナ、シスカ
M10. Santa Claus Is Coming To Town:ファンカ、ロナ、アチャ、ラヘル
M11. Last Christmas:フェランダ、ロナ、ハンナ
M12. Have Yourself A Merry Little Christmas:シスカ、デシー、シャニア、ゲビー、ロナ
<MC> シスカ、デシー、シャニア、ゲビー、ロナ
M13. All I Want For Christmas Is You:ロナ
M14. あなたとクリスマスイブ (Malam Natal Bersamamu):ロナ、ジェジェ(キーボード)
M15. 泣きながら微笑んで (Sambil Tersenyum Sambil Menangis):ロナ
M16. Silent Night:全員で、ジェジェ(キーボード)
M17. We Wish You A Merry Christmas:全員で

劇場内には前回のJKT48 4周年記念イベントと同様左右に大きなテレビが置かれ、曲名と歌詞が流れていました。

ロナとシスカの歌は非常に上手かったです!
二人を推しているファンは、最高に幸せな時間だったことでしょう。

sofia-stefi

最後の曲でメンバーがかぶっているサンタの帽子を客席にプレゼントとして投げました。
推しのかぶった帽子を獲得できたファンには素晴らしいクリスマスプレゼントだったことでしょう。
どうかオークションで売るようなことはしないでほしいです・・

siska-sonia-ve

明らかに練習不足で若干グダグダ感がありましたが、通常公演と同等の17曲を5万ルピア(約500円)で見れたことはラッキーでした。
なにしろAKBGの曲は「あなたとクリスマスイブ」と「泣きながら微笑んで」の2曲しかないとてもレアでスペシャルなイベントでした。
ファンはMIXも入れられないし、メンバーのダンスもないのでどうしたらよいか戸惑い気味でしたし。

lele-grace

ところで、チャリティーの要素はいったいどこに行ったのかと思ったら、帰りの通路でメンバーが募金箱を持っていました。
メンバーに笑顔で見つめられながら1円も募金せずに素通りするのは絶対無理でしょう(笑)
僕も少ないながらお財布に入ってたお金をごそっと募金してきました。
でも、この集めたお金はどこに寄付するのか、いくら集まったのかも告知しないのは意味不明です・・・。
これは致命的なミスじゃないですかね・・・。

lele

それはともかく、本日はクリスチャンのメンバーたちは教会に礼拝に行っているはずです。
赤道直下の南国から読者のみなさまにもメリークリスマス!
楽しいクリスマスをお過ごしください。

Share this Post:

アクセスランキング